理論と実験の協奏による柔らかな分子系の機能の科学-文部科学省科学研究費補助金「新学術領域研究」領域代表者 田原太平 (平成25-29年度) やわぶん

 
新学術領域研究「柔らかな分子系」
現在の化学のフロンティアは複雑分子系の機能の解明と創出に向かっています。
生体分子系に代表される高い機能を有する複雑系の本質は、大きい内部自由度を持ち、
系が状況に応じて柔軟に変化して最適な機能を発現すること、にあります。
本領域ではこのような複雑分子系を「柔らかな分子系」と呼び、
その機能の理解と制御に向けて、分子科学、生物物理学、合成化学、
理論・計算科学を統合した新しい「分子の科学」の学術領域を拓きます。
新学術領域研究「柔らかな分子系」

公開シンポジウム

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
<新学術領域研究「柔らかな分子系」>
第5回 公開シンポジウム 開催のお知らせ
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
【 日時 】 June 26 - 28, 2017
【 会場 】 11-1 Kita 1 Jo Nishi Chuo-ku, Sapporo,Hokkaido, JAPAN
【 アクセス 】 http://www.daiwaresort.jp.e.zr.hp.transer.com/royton/access/en/index.html

ワークショップ

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
<新学術領域研究「柔らかな分子系」>
第22回 ワークショップ 開催のお知らせ
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
【 日時 】 平成 29 年 05 月 13 日 (土)
【 会場 】 埼玉大学 総合研究棟
【 アクセス 】 JR 京浜東北線・北浦和駅西口からバス始発「埼玉大学行き」利用で約 15 分 http://www.apc.saitama-u.ac.jp/access/index.html

ニュースレター 平成 29 年 04 月号を公開しました

【 業績紹介 】

◆H+(H2O)4 はEigen 型、Zundel 型、両方?
◆光駆動硫酸イオン (SO42-) 輸送体の発見と分光学的解析
◆酸化チタン結晶の“柔らかさ”と光触媒活性との関係
◆非古典的 2 中心 3 電子結合 (半結合) の分光観測
◆光退色しない視物質ロドプシンのシグナル伝達機構の解明
◆タンパク質用いて細胞内分子フィルターを開発
◆コバルトコリノイド錯体における酸化還元電位と反応性の相関
◆アゾ還元酵素と蛍光基質を用いた遺伝子発現の可視化

【 受賞 】

◆畑中美穂さん (A01 班) が第11回 PCCP Prize を受賞しました
◆水瀬賢太さん (A02 班) が第11回 PCCP Prize を受賞しました
◆AMED とNYAS 合同企画ワークショップ "Interstellar Initiative" で
    Outstanding Team Presentation 賞を受賞しました

【 新聞掲載等 】

◆A03 班・神取グループの研究成果が J. Biol. Chem. 誌の Highlights of 2016 に選ばれる

【 班員からの発信など 】

◆国際ワークショップ 「超高速分光の現状と将来」 開催報告
◆日本化学会春季年会中長期テーマシンポジウム 開催報告
◆理化学研究所一般公開にてアウトリーチ活動を行いました
◆253rd American Chemical Society National Meeting and Exposition 参加
    及びスタンフォード大Kobilka 研究室とDeisseroth 研究室訪問報告

「やわらかな分子系」ホームページ更新履歴

H29/05/04 No.44 ニュースレター 平成 29 年 04 月号を掲載しました。
    第5回 公開シンポジウム のお知らせを掲載しました。
H29/04/18     A01 研究項目A02 研究項目A03 研究項目メンバーサイトマップを更新しました。
H29/04/06     No.43 ニュースレター 平成 29 年 03 月号を掲載しました。
H29/03/06     第22回 ワークショップ のお知らせを掲載しました
H29/03/03     No.42 ニュースレター 平成 29 年 02 月号を掲載しました。