理論と実験の協奏による柔らかな分子系の機能の科学-文部科学省科学研究費補助金「新学術領域研究」領域代表者 田原太平 (平成25-29年度) やわぶん

 
新学術領域研究「柔らかな分子系」
現在の化学のフロンティアは複雑分子系の機能の解明と創出に向かっています。
生体分子系に代表される高い機能を有する複雑系の本質は、大きい内部自由度を持ち、
系が状況に応じて柔軟に変化して最適な機能を発現すること、にあります。
本領域ではこのような複雑分子系を「柔らかな分子系」と呼び、
その機能の理解と制御に向けて、分子科学、生物物理学、合成化学、
理論・計算科学を統合した新しい「分子の科学」の学術領域を拓きます。
新学術領域研究「柔らかな分子系」

領域を終えるにあたって

 2018年3月をもちまして5年間推進してまいりました新学術領域研究「理論と実験の協奏による柔らかな分子系の機能の科学(略称:柔らかな分子系)」がその研究期間を終え、終了いたしました。コアメンバーは2012年の春頃から議論を始めていましたので、それから数えますと実質6年間の研究プロジェクトでした。複雑な分子系の機能を解明するためには理論、計測、創成を専門とする優れた研究者が集うことが必須で、またそれができれば自然に共同研究が生まれ、人的ネットワークができ、これまでにない新しい学術領域が生まれるはずだと考えました。そしてスタートしたのがこの「柔らかな分子系」という新学術領域研究でした。
 5年の研究期間はあっという間でしたが、6年前に夢想したかなりのことが実現できたという意味で大きな成功を収めたと考えています。各々の班員の研究で大変優れた業績があがり、この領域で生まれた共同研究で数多くの成果が得られ、またPCCPの特集号に象徴されるように強い国際発信ができました。これらはすべて心から誇れるものですが、「柔らかな分子系」の最も大きな成果はおそらく、この領域の推進によって作られた専門を異にする研究者の間の信頼関係とそれに基づいた人的ネットワークだと思います。
 最後になりましたが、「柔らかな分子系」の研究を力強く推進してくださった班員の方々、また本領域をいろいろな立場で支えて下さったすべての関係者の方々に心から御礼を申し上げたいと思います。ありがとうございました。

新学術領域研究「柔らかな分子系」領域代表
田原太平

公開シンポジウム

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
<新学術領域研究「柔らかな分子系」>
成果公開シンポジウム 開催のお知らせ
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
【 日時 】 平成 30 年 06 月 06 日 (水) ~ 平成 30 年 06 月 07 日 (木)
【 会場 】 理化学研究所和光キャンパス 鈴木梅太郎ホール
【 アクセス 】 http://www.riken.jp/access/wako-map/

ワークショップ

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
<新学術領域研究「柔らかな分子系」>
第28回 ワークショップ 開催のお知らせ
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
大盛況のうちに終了致しました。
多数の御参加ありがとうございました。
詳細はニュースレター(No.55 ニュースレター 平成 30 年 03 月号)をご覧ください。
【 日時 】 平成 30 年 03 月 11 日 (日) ~ 13 日 (火)
【 会場 】 琵琶湖グランドホテル・京近江
【 アクセス 】 http://www.biwakogh.co.jp/access/

ニュースレター 平成 30 年 03 月号を公開しました

【 班員からの発信など 】

◆新学術領域研究「柔らかな分子系」を終えるにあたって
◆第28回 ワークショップ開催報告
◆East Anglia 大Hayward 博士との国際共同研究報告
◆Report on the 18th International Conference on Time Resolved Vibrational
  Spectroscopy (TRVS-2017)
◆国際共同研究・招聘報告:Prashant C. Singh 博士
◆Gorrdon Researrch Confferrence,, Mollecullarr and IIoniic Cllustterr への参加
◆英国Leicester 大学Cyril Dominguez 博士との国際共同研究の報告

【 業績紹介 】

◆高精度ドッキングモデル評価手法 evERdock を用いた
  蛋白質-蛋白質複合体の結合自由エネルギー解析
◆3D-RISM 法とストリング法による生体内イオン・小分子輸送の最安定自由
  エネルギー経路探索手法の開発
◆水の粗視化ポテンシャルで探索する液液相転移と水的異常性
◆ゆらぎが明らかにした分子モーターの協同輸送
◆アミノ酸残基による水素結合形成を正しく取り扱える力場モデルの開発
◆ハロロドプシンの光反応におけるレチナール発色団構造の時間発展
◆変性したタンパク質の一分子FRET データに構造の不均一性がなぜ観察されるのか?
◆アドレナリン受容体部分ペプチドによる分子認識
◆光駆動型ナトリウムイオンポンプ KR2 のプロトンポンプ機構欠如の機構解明
◆リーシュマニア原虫細胞模倣膜との相互作用における
  抗菌ペプチド ボンビニン H4 の D 体アロイソロイシン残基の役割
◆噴霧スプレー熱分解堆積法で作成した TiO2 薄膜の電子トラップ準位
◆可視光応答型 Ta3N5 光触媒粒子に担持した CoOx 助触媒の担持効果
◆能動輸送のパナマ運河モデルと光駆動ナトリウムポンプの特殊性
◆多機能性ダブルデッカー型ルテチウムフタロシアニン液体
  -スピン活性スイッチングおよびエレクトロクロミズム-
◆外部刺激に応答してフォトン・アップコンバージョン発光色を
  スイッチングできる新規材料の開発
◆延び縮みで発光が繰り返しON/OFF スイッチングするゴム

【 受賞 】

◆A02 班藤井研究室 関口翼君が大隅ジャーナル賞を受賞
◆A02 班の山方 啓さんが International Congress on Pure & Applied
  Chemistry 2018 講演賞と豊田工業大学教育優秀賞を頂きました

「やわらかな分子系」ホームページ更新履歴

H30/04/20 No.55 ニュースレター 平成 30 年 03 月号を掲載しました。
    成果公開シンポジウム のお知らせを掲載しました。
H30/03/05     No.54 ニュースレター 平成 30 年 02 月号を掲載しました。
H30/02/26     第28回 ワークショップ のお知らせを掲載しました。
H30/02/01     No.53 ニュースレター 平成 30 年 01 月号を掲載しました。
H30/01/10     No.52 ニュースレター 平成 29 年 12 月号を掲載しました。